1. HOME
  2. 花ざくろ酵母とは
  3. 毎日スッキリ習慣へ
日本人女性の3人に2人は便秘の悩みを抱えていると言います。
便秘が慢性的になると、ニキビや吹き出物など肌荒れの原因となり、さらには腸閉塞、大腸ガン、腫瘍、直腸ガンなどの深刻な病気の原因になってしまいます。
様々な女性の悩みの種になる便秘だからこそ、自分に負担の掛からない、自然で即効性の高い便秘解消を見付け、1日も早く慢性的な便秘になる悪循環を断ち切ることが必要です。
市販の便秘薬(下剤)は、手軽な金額でいつでも気軽に購入することができ、即効性が高いことは大きなメリットです。

しかし、飲み始めの頃は少しの量で効いていても、身体に薬への耐性ができてしまうと、飲む量も増え、下剤を飲まないと排便できない習慣性ができてしまうのです。
最終的には、大腸のぜんどう運動が止まり、自力での排便が一切できず、腸閉塞になってしまう事例が報告されています。

また、便秘薬で大腸に強制的な運動させると、大腸の粘膜が炎症を起こし、栄養の吸収率を下げてしまいます。
その結果、腸内が傷付き出血した血や膿が血便として出るようになります。
それが進行すると、大腸に穴が開き、大出血をしてしまう大腸憩室炎という病気にまで発展してしまいます。

やはり、根本的な便秘解消を目指すには、腸内を健康にすることが1番効果的なのです。
最近は便秘解消ができるセンナやキャンドルブッシュが配合されているお茶に人気が集まっています。
お茶ならば、毎日の生活に取り入れやすいですし、手軽に始められるとお思いの方も多いのではないでしょうか。

しかし、多くの便秘解消茶の成分には下剤作用があるのです。

「お茶」と言われれば便秘薬よりも自然・安心という印象を受けやすいですが、下剤の効果として排便を促すことに何ら違いはないのです。

よって、便秘解消茶を飲み続けると、便秘薬と同様、いずれ下剤としての副作用が腸に表れてしまうのです。
腸内環境は、食生活やストレス・年齢によって変化すると言われています。
スッキリしない状態の腸内では、便がエサとなって悪玉菌が増殖します。
そして発ガン物質、発ガン促進物質、アンモニア、硫化水素などの有害物質や、おならの元となるガスを発生させます。
だから便秘の時の便は、臭いのです。
そして便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐります。
肌荒れや様々な病気にもつながると考えられています。
酵母菌はビフィズス菌など善玉菌をサポートし、おなかの環境を整える働きをしてくれます。
特に、「生きてる酵母」なら生きて腸まで届くので、元気なまま強力に活動します。
善玉菌が腸内で増えると、善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さない「日和見菌」も善玉菌の味方になり、バランスの良い腸内環境に!
食べたものがきちんと分解されるので、毎日スッキリ!!
気になるぽっこりお腹や、ニキビや吹き出物などの肌荒れにも効果が期待できます。