【ワンウェイのショップ店員】憧れのアパレル定員高卒でアルバイト、夢は現実に勝てなかった。怖い先輩、クレーム対応

【ワンウェイのショップ店員】憧れのアパレル定員高卒でアルバイト、夢は現実に勝てなかった。怖い先輩、クレーム対応

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
18歳

【当時の職業】
ワンウェイのショップ店員

【当時の住まい】
彼氏の家で同棲してた!一軒家!

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
アパレル業界に入りたかった本当はセシルに入りたかったけど落ちたので、アルバイトからワンウェイではじめた

【環境と仕事内容】
まず朝来て、マネキンの着せ替えをする。
先輩たちがくる前にレジ開けて試着室の清掃をして鍵を元の場所に戻しに行く。
売れ行きのある服の在庫の確認をして少ないものにチェックを入れる
商品を畳んで列を整える。
飽きが来ないように毎回位置を変えて、たたみ直す。
それの繰り返しです毎日一番下っ端で下も入ってこなかった
レディースの洋服を扱う女の先輩4人と自分1人たまに店長
休みは週一10:00?9:00まで仕事
お客さんも若い人が多い

【大変だった時期】
18で入ったから周りのお姉さん先輩たちの圧が怖くてずっと辛かった




【大変だったこと】
本当に先輩怖かった女職場って感じ
ずっと立ちっぱなしだし、
マネキンのふくがダメだとずっとぐちぐち言われる
ある日店長から認められてマネキンだけじゃなくて売り場のひとかくを任せられたその時は本当に嬉しかった。
でも、なかなかそれも大変でいつも帰ってから洋服の勉強してた、配置とかコーディネートとか色々なことに気を使った。
それが自分の時間が取れないと思ってブラック過ぎて決まるまで帰れないし本当に圧がすごくてぐちぐち言われるの嫌だから最後まで残ってた。
女の世界こわいもうやりたくない笑
休みは週に一回だった。
労働時間は10時から9時休憩は1時間だけど、そんなに休めてる気がしなかった(; _ ;)お客さんからのクレームはなかったけど

【大変だった期間】
一時的なものだったかなぁ




【当時の心境】
将来こんな長時間労働でお給料少ないのにやっていけるか心配だったし、子どもが生まれたりしたら一生できる仕事じゃないなって思っていた。
でも、洋服を褒められたときは嬉しかったな。
店長が来たときはみんなしっかりやってくれて毎日店長いてほしかったな

【職場が大変だった原因】
仕事内容が合わなかったかな、人のせいもあるのかなって思うけど人間関係を気付けない自分のせいもあるかな




【仕事で良かったこと】
コーディネートしたマネキンの服がトータル売れした時はほんとに嬉しかった!それはあんまりなかったけどね笑店長がご褒美にチョコとかくれた時が一番嬉しかった笑頑張ろう。
って気合い入れることができたかな。
ほんとそのくらいだったなぁ




【特にひどかった最悪の出来事】
ほんとにさっき行ったこと朝早く来てマネキン着替えさせてレジ開けてって一通り終わって先輩たちきてマネキンが、ダサいとか誰も目に止めないとか散々言われて泣きそうなのに、そのあとも出勤してくる先輩も見てみぬふり
だけどアドバイスとかはなんにもないどうしたらいいかとか
自分で考えられないならやめなよみたいなきつい人ばっかりだったなぁ。
何であの職場がいけないのかな?
でも最悪な思い出ってゆうかそれがほぼ毎週、しかも違う人が着替えさせたときは特に何もないし
育てたかったって感じでもないんだよなぁいまだに理解できないけど店長だけは優しかった、でも店長は気付いてたのかな?注意したらしてくれたのかな?若かったからなにもわからなかった




【相談した人・助けてくれた人】
ずっと彼氏に愚痴ってた
それでそんな職場やめていいよってなって高校の時からずっとやってる飲食店にもどった!
なんか社会人になって始めた仕事だからやめれないって思いがずっとあったけど彼氏が辞めてもいいんだよ
人間関係ほど仕事で必要なことってないよと言われてホッとした今は彼氏と別れたけど笑

【改善のための行動】
最初は、勉強すれば認められるって思ってたけど途中からもうやめた、めんどくさくなっていくら頑張っても職場では認められないし、帰ってまで仕事してたけど、それも1年くらいでやめた時間の無駄だって思ってたそのときは




【現在の状況と心境の変化】
それから6年くらいたつかなぁ
今は飲食店に転職して、それから5年たって開業して個人事業主になりました!ほんとに転職してよかった!
飲食店では大変なことも頑張れたからあんまりあってなかったのかな?って今となっては思ってる夢だったけど、今はそこまで興味ないし、また機会があればやろうと思ってる!それくらいの話!

【学んだこと】
人間関係なめられたらおわり!言いたいことはしっかり言おう!我慢なんてしたらダメ!絶対!悪いことしてる人には悪いって言う!まぁそれがなかなか言えない



【当時の自分へのアドバイス】
あなたは、きっと洋服が好きだけで夢を見過ぎてしまったので理想が高すぎたと思うよ。
だからもっとしっかり現実を受け止めることが大切です!洋服が好きで洋服に携わる仕事をしたのにせっかくできたのに洋服の勉強やコーディネートに追われる日々はつらいよね、でも大丈夫!その経験めっちゃ活かせるから!無駄なことなんて何もないから!