【スーツ屋さん】憧れのアパレル店員に新卒で就職。実態はかなりの体力勝負!労働時間は長い、給与も安い、お客さんも常識外れなクレームばかり。

【スーツ屋さん】憧れのアパレル店員に新卒で就職。実態はかなりの体力勝負!労働時間は長い、給与も安い、お客さんも常識外れなクレームばかり。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
スーツ屋さんの販売員

【当時の住まい】
実家のマンションで親と同居。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
大学を卒業してもともと興味があったスーツ屋さんで就活をしました。
誰かの大切な節目のイベントに立ち会えると思ったのと、あとは、福利厚生と、社員の人の良さに魅力を感じて就職しました。

【環境と仕事内容】
スーツや、スラックス、女性物のオフィスカジュアル服の販売員。
職員は1店舗あたり、4人ほど。
役職は1年目はアドバイザーで上がっていくと店長などになります。
お客さんの年齢層は30代以上が平均という感じです。
休日は週2日ほどで、シフト制です。
給与は手取りで17万円ほどでした。
寮はなく、転勤登録によっては家賃補助が半分ほどでます。

【大変だった時期】
大学新卒で就職し、最初の1年目は慣れるまでかなり大変だった。




【大変だったこと】
年末年始の休みや、お盆、ゴールデンウィークの休みがなく、社会人1年目は友達との時間があわず、孤立したような感覚でとても寂しかったです。
店舗の職員も、年齢層は私が1番年下で、近い年の先輩はおらず、35歳の方が2番目に若かったです。
初めての販売業でなかなかお客様との距離感もつかめず、職場でも気軽に悩みや、世間話もできずに、毎日家に帰ってもう辞めたいと悩んでかなり塞ぎ込んでました。
労働時間も朝9時から夜8時までとかなり拘束時間が長い割に、給料は低く、割に合わない感じがありました。
あとは意外と付帯業務が多く、販売だけではなく、仕入れや、売り場の変更や仕事量が多くて戸惑いました。
それに、販売なのでやはり数字が常につきまとうのでそれもプレッシャーでした。

【大変だった期間】
半年ほど続き、1年経つころにはかなり改善されました。




【当時の心境】
毎日、1分1秒でも、早く家に帰りたかったし、早く1人になりたかったし、休憩時間も他の人と被りたくないと思ってました。
この会社でのキャリアアップも想像ができず、将来転職をしなければならないのではないかと不安でした。

【職場が大変だった原因】
自分に年の近い職員がおらず、悩みを話せる場がなかったことと、休みが少なくリフレッシュもできなかったこと。




【仕事で良かったこと】
予定通りに仕入れを終わらせることができたり、練習通りに高い商品を販売できたり、自分がコーディーネートしたマネキンの洋服がそのまま売れたりすると、すごく嬉しくてやりがいを感じました。
お客様にも私の名前を覚えて頂いて指名されるようになった時もかなり嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
かなりの繁忙期で一人で何組ものお客様をご案内していた時で、いつもなら、間違えないような洋服の補正をしてしまったことです。
本当はしてはいけないような補正を受け付けてしまって、実際にお客様にお渡しするときになって、その事実が発覚して商品交換をすることになりました。
本当にお客様にはご迷惑をおかけしてしまいましたし、会社にも商品交換という負担をかけてしまいました。
その対応をするにも、繁忙期でしたので、他のスタッフの手をなかなか借りることができずに、スムーズな対応ができず、かなり険悪なムードになってましたが、なんとか、上司に助けを借りることができ、やっとのことでお客様の怒りも収まりその場を終えることができました。




【相談した人・助けてくれた人】
転勤で私の店舗に入ってきた年の近い先輩に色々と悩みや、仕事でわからないことを気軽に話せるようになりました。
私が悩んでいることは1年目の社員なら皆んな同じだよとアドバイスしてもらって、こころが少し軽くなりました。

【改善のための行動】
年の近い先輩と仲良くなれたことがきっかけで、今まで気軽に話しかけれなかった上司にも自分から話をするように心がけました。
それと、少し怖い上司もいたのですが、その方にも毛嫌いせずに、教えてもらっている立場だということを改めて認識して謙虚な姿勢で接するように努力しました。




【現在の状況と心境の変化】
それから5年ほど経ちました。
現在、転勤して店舗が変わり、役職にもつきました。
責任のある立場になり、任せてもらえる仕事もかなり増えました。
今では仕事や、人間関係で悩むことはほとんどなくなりました。
しかし、やはり給与が労働時間と仕事量、責任に伴ってないなあと感じていて、このまま現状が改善されないなら転職も視野に入れないといけないと思っています。

【学んだこと】
初めは誰でもつまずくし、悩むけれど、良い先輩や人との出会いで改善したり、自分も成長したりできると学びました。
それに、自分が経験した悩みは後輩を助ける知恵にもなったと思いますので、これからの仕事に役立つと思います。



【当時の自分へのアドバイス】
今、とても辛い毎日を送っていると思います。
ただ、あと半年、耐えれば心を許せる先輩が入ってくるし、他の職員の人も意外と打ち解けると面白いし、優しい人たちばかりです!それに、もう少し仕事に慣れれば任せてもらえる仕事も増えて、後輩にも教えることが増えてやりがいのある仕事だと気づけるから、もう少しだけ頑張ってください!