【レディースアパレル販売員】なんとなく入社したアパレル会社で今後に生きる大失敗を経験した話

【レディースアパレル販売員】なんとなく入社したアパレル会社で今後に生きる大失敗を経験した話

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
24歳

【当時の職業】
レディースアパレルショップの販売員

【当時の住まい】
家族と実家で暮らしていました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
好きなブランドがあるから、という単純な理由で選考に進みました。
他に内定が無かったのと就活を早く終わらせたくてすぐに就職を決めてしまった記憶があります。

【環境と仕事内容】
店長、副店長、社員3人、アルバイト5人で大型ショッピングモールの中にあるレディースアパレルショップを回していました。
自分の業務は接客、検品、詰め、レジ対応、清掃、アルバイト指導、競合店視察でした。
1年目は普通の社員、2年目は副店長の代わりも担う立場になっていました。
勤務時間は早番は9時〜18時、遅番は12〜9時で、シフト制でした。

【大変だった時期】
大学在学中のインターンの時からです。




【大変だったこと】
とにかく職場の人間関係が悪いのと、店長のワンマンさが目立ったことです。
私が入社した時には既に店長と、歴が長いアルバイトさんの間で見えない派閥ができており、直接的ではないけれどいつも圧迫感で押されている心地がしました。
店長が自分が早く帰りたいからとの理由で、早番ばかりに入ることが多く、毎回遅番業務を押し付けられました。
また、休みたくない日に社員の有休を勝手にシフトに組み込むというめちゃくちゃなシフト作成をしていたのと、会社説明会の時には一切説明がなかった月に数回ある施策の所為で好きなときに休みが取れず、日々不満を募らせていました。
また、職場のグループラインの所為で休みの日も心が休まることはあまりありませんでした。

【大変だった期間】
インターンの期間を入れると約2年ほどです。




【当時の心境】
毎日が苦痛でしたし、一秒でも早く辞めたいという気持ちが日に日に大きくなりました。
家の玄関を出た瞬間から帰りたいと思うほどでした。
職場に向かう電車はディズニーに行く人が結構乗っていたので、その姿を見るたびに憂鬱になりました。

【職場が大変だった原因】
会社の体質と店長の人柄が主な原因だと思います。
会社では当時社員は第二の家族という風習があったので、その圧迫感もありました。




【仕事で良かったこと】
ショッピングモールのクレジットカードの紹介をお客さんにすることで、報酬で500円の商品券が貰えたことです。
また、そこのカード紹介の従業員の方とも仲良くなり、休憩時間や隙間時間にたくさん談笑が出来たことです。




【特にひどかった最悪の出来事】
店長がレジ誤差の発生原因をすべて自分に押し付けさせたことです。
当時は自分の確認不足だったかも…と思いましたが、今思い返すとはやく事態を収束させるための姑息な手段だったのではないかと思います。
当時職場に不満を持っていたアルバイトが一人いて、当時の行動状況からしてその子が盗んだ可能性がかなり高かったのですが、事件が起きた翌日にバックれてしまったのでその子に責任追及が出来ず、同じレジを使っていた私の確認不足ということでまとめられてしまいました。
本社への提出書類にもアルバイトのことは追及せず、私の責任という文面でまとめられていました。
今思い返すと何らかの法的措置をとって訴えるべき案件っだったのではないかと思いました。




【相談した人・助けてくれた人】
親、同期、交際していたパートナー(現旦那)です。
同期とは閉店時間になるまで愚痴や相談を言い合ったり、親とパートナーには毎回泣きながら今後どうすれば良いのか相談をした記憶があります。
みんなが心の支えになっていたので何とか病まずに済みました。

【改善のための行動】
人間関係や会社の体質はどうしようもなかったので放っておきました。
当時競合店の視察の項目がかなり多く、社員の残業時間がとんでもないことになっていたので、項目を減らすように会社SNSの意見BOXに投稿したら改善をしてくれました。




【現在の状況と心境の変化】
2年で退職し、現在は業種も職種も全く違う職場で働いています。
現職場で嫌なことがあってもアパレルにいた期間を思い出すと、今は大したことないと思えるようになるので、そういった意味ではつらい経験をして良かったかなと思います。
人間関係においても、多少変な人が職場にいても受け流すことが出来るようになりました。

【学んだこと】
おかしいと思ったことにはとりあえず意見を言った方が良い。
そういう人もいるんだな、と流せる姿勢でいること。



【当時の自分へのアドバイス】
相手の立場に負けないでほしい、おかしいと思ったことはすぐに意見を言う、もし正面から言ってダメであれば、マネージャーや会社を通してでも勇気をもって意見をしてほしい、ということです。
当時は店長がかなりえらい立場に思っていましたが、今思うとそうでもなかったと感じます。
とにかく相手に怖気づいてしまうことなく頑張ってほしいです。